グアテマラの翡翠とは?

■「グアテマラのヒスイ」って何???
   だいたいグアテマラって何よ??

   「はい。グアテマラは、中米のある国です。
   アメリカ合衆国の南にメキシコがありますね。
   そのまた南にある国が、グアテマラです。
   
   コーヒー通の方なら、コーヒーの産地としてご存知でしょう。
   「ガテマラ」と書いた方が、お分かりになるかもしれません。

■でも、そのグアテマラが翡翠と何の関係があるの?
 ヒスイって アジアのものでしょう。

   おっしゃる通り、中国や日本で古代から珍重されてきた石ですし、
   産地として世界的に有名なのはミャンマーです。

   でも、中国や日本以外にも、ヒスイを崇めていた文明がありました。
   現在のメキシコ、グアテマラを始めとする中米に栄えていた
   オルメカ、マヤ、アステカといった古代メソアメリカ文明です。

   これらの文明では、金よりも翡翠の価値が高かったのです。
   王族達はヒスイの装飾品を身にまとい、ヒスイとともに埋葬されたのです。
   そして、その時代にヒスイの産地として大きな役割を担っていたのが
   現在のグアテマラ南部にあたる地域だったのです。

   コロンブスの新大陸発見後、この地域はスペイン人に征服されました。
   スペイン人達は、ヒスイを金ほど価値のあるものと見なかったこと、
   先住民族達は、彼らにとって価値のあるものを征服者に知られないよう
   封印してしまったことが原因で、16世紀から20世紀後半まで、
   グアテマラのヒスイは、世界から忘れ去られていたのです。
   
   しかし、1960年代に発掘作業が始まり、当時のヒスイ加工に用いられていた
   道具等も発見されました。また、80年代には、世界的に珍しい
   黒ヒスイも発見されたのです。

■本当にヒスイなの?

   グアテマラのヒスイは、ナショナル・ジオグラフィック誌や
   ディスカバリー・チャンネルでも特集されたことがあるのです。

   また、米国宝石学協会(GIA) の宝石鑑定士(GG) 資格を持つ
   米国人ジャーナリスト Fred Ward氏による書籍「Jade(ジェイド)」の中でも、
グアテマラのヒスイ(黒ヒスイも含む)が本翡翠であることが取り上げられています。

■偽物が売られることも、あるって聞いたんだけど...

   おっしゃる通り、現地では、残念ながら、本ヒスイ(ジェダイト)に類似した石を
   ヒスイと偽って販売されていることもあります。

   ですから、本物にこだわるなら「どこで購入するか」は重要なポイントです。
   私は、この10年間、グアテマラと日本を行き来し、
   現地で、様々なショップを見てきました。
   だから、どこで買うのが安全なのかを知っているのです。
   
さぁ、おしゃべりは、このぐらいにして
古代メソアメリカの王達が、病気や怪我を治す力をもち、
悪魔を払いのけ、不老不死のパワーを与えてくれると信じて珍重したヒスイ達を
見てみませんか?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。